インプラント|博多駅の歯医者【鳥谷歯科医院】治療法や手術の流れ

お電話での予約・お問い合わせ092-432-1008

LINEで問い合わせ
電話予約
LINEで問い合わせ

インプラント

インプラントIMPLANT

しっかり噛めて食事も会話も
楽しめる毎日を

インプラントとは

インプラントは、歯を補う治療法の一つです。
歯を失った部分の顎の骨に人工の歯根(インプラント体)を埋め込み、骨と結合させます。
その後、インプラントの上部にセラミックなどの素材でできた人工歯を装着して、噛む機能を補います。
顎の骨に固定することで、天然歯と変わらない見た目や噛み心地が再現されて、残っている周りの歯にかかる負担も少ないのがインプラントの特徴です。
適切なメンテナンスを行えば、長期にわたって安定的に使用することができます。

症例はこちら

当院のインプラント治療

無料相談受付中

当院では、インプラントの無料相談を行っています。
カウンセリングだけでなく、歯科用CTなどの検査、口腔スキャン、見積もり相談まで無料ですので、お気軽にご相談ください。
予算に合わせたご提案など、お一人お一人に合わせた治療計画を作成します。

お電話でのお問い合わせ
tel:092-432-1008

LINEでのお問い合わせ

信頼あるインプラントメーカーを
採用

当院では、世界70ヶ国以上、500万人以上に選ばれているインプラントメーカー「ストローマン」のインプラントを使用しています。
ストローマンは50年の長期にわたり臨床研究を行っていて、安全性を示すエビデンスが豊富に存在することから、世界中で高い信頼を得ています。

詳しくはこちら

的確な診断・治療をサポートとする設備

歯科用CTを使うことで、肉眼では見ることができない顎の骨の状態や神経・血管の位置などのお口の状態を把握することが可能となり、診断の精度や治療の安全性を高めることにつながります。
また、お口の中にカメラをかざすだけで高精度の歯型のデータを採取できる口腔内スキャナーを導入し、検査の負担を軽減しています。

難症例にも対応

インプラントを安定させるためには、顎の骨の状態が重要です。
骨の量が少ないことが原因で、過去にインプラント治療を断られたことがある方も、当院にご相談ください。
骨の状態に合わせて、小鼻の脇にある上顎洞の底部に作ったスペースに骨補填材を入れる「サイナスリフト」や歯が抜けてできた穴から移植骨を入れる「ソケットリフト」などの骨再生治療を行うことで、インプラント治療が行える可能性があります。

サイナス
リフト
上顎の歯ぐきを横から切開し、上顎洞と呼ばれる空洞の横の骨に人工骨を流し込んで骨を厚くする治療法です。上顎の骨の厚みが3mm以下など、かなり薄い方もインプラントを埋め込めるようになります。
ソケット
リフト
歯を抜いた穴を奥に広げ、上顎洞の粘膜を上に押し上げて人工骨を流し込む治療法です。サイナスリフトと比較して外科的な傷や負担が少ないため、上顎の厚みが4~5mm以上ある場合は、サイナスリフトではなくこちらの治療法をおすすめしています。
オールオン4 4本のインプラント体を使って12本の人工歯を装着する治療方法で、全ての歯を失った場合に必要なインプラント数を減らし、身体的・経済的負担を軽減できます。
この方法は即日に歯を入れることが可能なため、患者さまのストレスも軽減されます。
即時負荷 抜歯した当日にインプラント体を埋め込み、仮歯を装着する治療方法です。当日には食事をすることや、見た目の改善も可能になるため、不便な治療期間を減らすことで、ストレス・負担の軽減が可能です。
抜歯前の周囲組織の形態の崩れが少なく、痛みや腫れのダウンタイムも少ないため、見た目や快適性にもメリットがあります。

クリーンなオペ室完備

インプラント治療は外科手術を伴います。
細菌感染を防ぐためにも、設備が充実している歯科医院で行うのがおすすめです。
当院は、空気清浄機や口腔外バキュームを設置したオペ室を完備しており、全身状態を管理しながら安全性に配慮した手術を行います。

丁寧でわかりやすいカウンセリング

ゆっくりと時間をかけて、患者さまのお悩みやご要望をおうかがいします。
現在のお口の状態や治療計画などを画像や模型を使いながら、視覚的にわかりやすくご説明します。
費用面についても具体的にお伝えしますので、ご不明な点があれば、どのようなことでもご質問ください。
患者さまの不安点や疑問点を解消し、ご納得いただいてから、治療を始めます。

治療経験の多い歯科医師が担当

インプラント治療は、歯科治療の中でも難易度が高く、専門的な知識や技術が必要です。
当院では、大学病院でのインプラント治療の経験が多い歯科医師が、安全性の高い治療のために全身状態を管理しながら行います。

充実した保証制度

当院では、患者さまに安心して治療を受けていただけるように、保証制度を導入しています。
ただし、定期的にメンテナンスに来ていただくことが条件となります。
メンテナンスを受けていない場合や、患者さま自身の不注意や事故が原因となる場合などは、保証の対象にはなりませんので、ご了承ください。条件などについては、お気軽にご質問ください。

入れ歯やブリッジとの違い

メリット デメリット
入れ歯 ・外科治療が不要
・短期間で治療を行える
・幅広い症例に対応できる
・金属のバネが目立つ
・違和感がある
・噛む力が弱い
ブリッジ ・外科治療が不要
・治療期間が比較的短い
・入れ歯よりもしっかり噛める
・両隣の歯を削る
・フロスでのケアができない
・場所や本数によっては適用されない
インプラント ・天然歯に近い噛み心地
・見た目が自然に仕上がる
・歯磨きやフロスでケアできる
・圧迫感や違和感が少ない
・外科治療が必要
・治療完了までに時間がかかる
・保険が適用されない

インプラント治療の流れ

初回無料相談・カウンセリング

カウンセリングルームで、患者さまのお悩みや治療に対するご要望などをおうかがいします。
インプラント治療について、治療の進め方、費用、リスク、副作用なども、現段階でわかることをご説明します。

精密検査・治療計画のご説明

歯科用CTでお口の中を立体的に撮影し、顎の骨の状態を確認します。
カウンセリングの内容と検査結果をもとにお一人お一人に合わせた治療計画を作成して、ご説明しますので、どのようなことでもご質問ください。

一次手術

外科手術で、インプラントを顎の骨に埋め込みます。
インプラント体と顎の骨が結合するまで、一般的には、約2ヶ月必要です。
患者さまの顎の骨の状態や年齢によって、差があります。

二次手術

歯ぐきを再び開いて、新しくできた骨を削り、埋め込んだインプラントの一部を露出させて、土台となるアバットメントを装着します。
※症例によっては必要ない工程の可能性もございます。

人工歯の型取り・装着

アバットメントの上に取り付ける人工歯の型取り・製作をします。
まず仮歯を装着してかみ合わせを調整し、最終的な人工歯を製作します。

治療完了・メンテナンス

人工歯を取り付けたら治療は終了です。
治療後は、ご自宅で歯磨きを丁寧に行い、歯科医院での定期検診・歯のクリーニングなどの定期的なメンテナンスを行いましょう。

メンテナンスの重要性

インプラント周囲炎やかみ合わせの問題が生じると、うまく噛めなくなったり、インプラントが使えなくなってしまう可能性があります。
インプラントの異変は自覚症状が少ないため、インプラント治療後は定期的なメンテナンスが必要です。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎は、インプラントの周囲に細菌がたまることで、歯周病のように歯ぐきに炎症が起こっている状態です。
進行すると、顎の骨が吸収されてインプラントを支えることができなくなる可能性があります。
毎日の歯磨きと歯科医院でのプロケアを併用して、インプラント周囲炎を予防しましょう。

かみ合わせの
バランスの変化など

インプラント周囲の歯ぐきや骨が変化すると、かみ合わせのバランスも崩れます。
そうなると、歯にかかる負担が増えて、人工歯の欠けや割れが生じることがあります。
インプラントを長く使用するためには、かみ合わせの定期的なチェックを受けましょう。

インプラント治療を
受けられる前に

外科手術を伴うインプラント治療は、持病や服用中のお薬によっては、治療を行えない場合があります。
必要に応じて、連携している高度医療機関を紹介いたしますので、まずは当院にご相談ください。